ぷめ*はなDiary 

2018/04/15

肝斑の‟肝”って…

Fotolia_50024204_XS.jpg

 

よく、

そんなに日に当たっていないのにシミがあって…

とご相談を受けることがあります。

 

たしかに色白で、

そこまでアウトドアな行動はされないとのこと。

 

若いころに紫外線を浴びすぎた、ということもなさそうです。

 

そんな時は、シミ=肝斑のお話をして

食事や生活面のリサーチをします。

 

そうすると、肝臓にあまり良くないことをしている!

とお気づきになる方が多いのです。

 

そう、肝斑の肝は、肝臓の肝。

 

肝臓が弱い人ほど疲れが取れにくく

疲れやストレスが溜まってくると

 

顔がくすんでシミが目立ってきます。

 

「肝は臓血する」といわれるように

お肌の色やツヤは血色の良さで左右されるので

 

肝臓に蔵している血液が新鮮で流れがよくなければ

皮膚に栄養を十分に行き渡らせることができません。

 

外側からのシミへの治療や美白ケアだけでなく

内側の肝臓を元気にすることも

 

シミを増やさない、ふたたび出さない

ヒケツなのです。