ぷめ*はなDiary 

2018/05/11

女性ホルモンと更年期うつ

更年期とは、閉経前後から女性ホルモン「エストロゲン」の

分泌量が少なくなることが原因で起こります。

 

少なくなっているのにそれでも脳は、

ホルモンをもっと出して」と指令しつづけます。

 

でももう十分な量がないため、脳がオーバーヒートし、

自律神経系の機能が正常に機能しなくなるのだそうです。

 

 

エストロゲン.jpg

 

 

「その辺、同じカラダなんだからなんとか調整してくれない?」

 

と自分に話しかけたくなりますが (笑)

 

脳や身体がエストロゲンの不足を自覚して

症状が落ち着くまでの間を更年期と呼びます。

 

数年から十年程度と

期間は人によって異なるというのも

なんだかモヤモヤしますね。

 

ちなみに『更年期障害』とは、

仕事ができない、眠れない、起きれないなど

日常生活に影響を与えることをそう呼び、

 

まだ軽いと思われるものは

『更年期症状』と呼ぶのだそうです。

 

そして

その症状でとくに盲点となっているのが

 

『更年期のうつ症状』です。

 

 

「更年期のうつ」と「うつ病」はちがうと言われています。

 

 

生理の間はホルモンがでているけど

減ってなくなってくると

 

脳の神経細胞を保護する働きがなくなり

直接関係してくるのが『更年期うつ』とのこと。

 

症状から精神の専門科にかかっても

ホルモンが原因といわれることはまずないそう。

処方された薬から、逆に長引くケースが多いそうです。

 

ひとりで悩まないで、

やはり更年期専門科にかかること、

 

そしてこの期間の、心と身体のケアを大切にすること。

 

 

いろいろなことが重なり、無理もあるかもしれません。

 

でも自分のやりたいこと、喜ぶことを見つけて

折り返し地点で自分を見つめ返せたら。

 

 

そんなふうに考えたいものですね。

 

 

 

2018/05/01

つよい味方!漢方・サプリメント

o1024068214181445476.jpg

 

 

漢方やサプリメントって

なんだか胡散臭い…

と思っていたことがあります。

 

ましてやそれを勧めてくるひと…

あやしい。(笑)

と思っていたことも事実。

 

でも自分のカラダのことで向き合い

悩んでくると

 

その解決法にこの二つが自然にでてきます。

 

結局、自分のタイミングに合ったものが

ピン!とくるものです。

 

 

そして思い出すんです。

 

 

「ああ、長く続けた不妊治療の末、

もうやめよう、と諦めるまで続けていたのは

婦人科からでていた漢方だったな。」

 

「父の看病で倒れた母に飲ませていたサプリ、

あれで母本人すごく元気になったんだった。」

 

「いそがしくて顔が疲れているときも

前の晩にあのドリンクを飲めばだいじょうぶ。」

 

これまでも

なにかしら助けてもらっていたことを

思い出します。

 

 

漢方やサプリメントは

効果を実感するまでに時間がかかるとか

 

長く飲まないと効かない

と思われる方がほとんどですが

 

実際には即効性のあるものが多いそうです。

 

そしてやはり腸内環境でその差がでてくるので

効かせたいものを効かせるためには

 

胃腸の働きを整える必要がある。

 

腸は免疫に関わり、脳にも影響をあたえます。

 

認知症などにも、腸内環境が関係しているとは

驚きです。

  

 

人生100年と言われる時代に入りました。

 

 

健康寿命として過ごすためには

とくに女性は更年期から老年期がとても大事とのこと。

 

そのためのセルフケアの重要性として

 

・運動 

・食事

・サプリメント

 

があげられています。

 

 

毎日のからだと向き合いながら

足りないものは補う。

 

つよい味方として

安全性の高い、信頼できるものを

選んでいきたいものです。

 

 

 

1