ぷめ*はなDiary 

2019/07/22

たったひとりの為に、心を込めてエステする

 

先日リピーターさまから


『ベテランなのに毎回、作業じゃなく、
本当に心を込めてやってくれるわよね。

ありがとう!』


と、心に響くお声がありました^^

 

 

 

 

 C0CAEBE5-4004-4DC3-B039-7FC5A7A64852.jpeg

 

 

 

その言葉が、

これまでリピートされる方が多い理由を、

再認識させてくれた気がしました。

 

 

 

 

 


私たちは手でお肌に触れることが

 

実際の会話より
対話になることが多いという事実があります。

 

 

手の感触はまずは脳へ届き、そして心へと続く。

 

 

エステは手から肌へ、
心と心を繋げるお仕事でもあるのです。

 

 

 

 


だからこそ、作業になってはいけない。

 

慣れてくると、
とくに長い付き合いであれば尚更のことです。

 

 

 

プライドを持つべきところはここです!

 

 

 

 

私も48歳(OH!)
産後3年間の子育てを除いて
ずっと続けてきたエステの仕事。

 

 

自宅サロンを始めた頃は
とにかくやっと授かった子どもとの時間を大切にしたくて
そんな選択肢になりました。

 

 

フリーでやっていけるのかな?と
自信なんてないままスタートした
主婦・ママ・エステティシャンとしての働き方。

 

 

 

自信なんて、持っていませんよね誰も。笑

 

 

 

 

大手エステ企業や皮膚科クリニックでの経験は
紛れもなく大きなものでしたが

 

正直ひとり起業にはあまり役に立ってはくれませんでした。
(宣伝、広告を全部会社がやってくれていたから!)

 

 

 

 

キャリアや技術よりも
経営力のあるサロンの方が賑わっていく現実だけど

 

 


でもやっぱりたったひとりの人の為に
心を込めてエステをすることが効果を生み出す。

 

 


その為には技術だって経営だって
学び続ける糧になるものです!

 

 


ひとつのことを長く続けている方ほど
えらくなっている方ほど
学びを終えていない。

 

 

 

 


結局のところ、一番大事なのは
やっぱり心じゃないか、ということです♡