ぷめ*はなDiary 

2020/10/08

早めの対策でステキに更年期

早めの対策でステキに更年期

 

先日今通っているウィメンズクリニックに

 

定期検診行ってきました

 

 

 

私は初期から更年期症状がとてもつらかったため

なんとかしたい、正しい情報が知りたいと

3年前から医療従事者の研修に参加し始めました

 

 

 

と同時にHRT・ホルモン補充療法をスタート

(メノエイドコンビパッチという丸いシールをお腹にぺたんと貼る)

 

 

 

これはですね

ひどかったホットフラッシュがみるみるおさまります

それまで我慢していたつらい偏頭痛や関節痛も気にならなくなりました

 

 

 

ただ3年目の今はというと

こちらのシールの出番は少なくなって

漢方、サプリメントで併用したりしています

 

 

 

なぜならこのお腹のシール部分が

 

 

 

 

 

激しくかぶれる 泣

 

 

 

 

 

ほかの療法では腕に塗るジェルタイプのものや

別の貼り薬、(これらはエストロゲンを補うもの。

どちらも黄体ホルモンの飲み薬と併用です)もありますが

 

 

 

それらも経験した上で

自分に合っていたのがこのコンビパッチだったので

 

 

 

今年の夏とくにひどかったホットフラッシュや

動悸が気になるときは

ドクターに相談しながらまた貼っていました

 

 

 

HRTは体調に合わせておやすみしたり

再開したりできるのです

自己管理がとても大切。

 

 

 

 

あと私のように子宮内膜症の既往歴がある場合は

注意しながらの使用だったり

 

 

 

過去心配されていたHRTの乳がんリスクは

実は低いこともわかっているので

諸々納得しながら知識を役立てています

(定期検診は必須です)

 

 

 

 

シールかぶれ対策としては

お腹ではなく臀部に貼るとか

更年期改善効果としては劣るけれど

プラセンタ注射へ切り替えるか、などなどのアドバイスがあったりします

 

 

 

 

でもプラセンタはHRTしている人はあまり必要ないんじゃないかなぁ

 

 

 

私は頻繁に腕かお尻に注射、というのに抵抗あり

プラセンタは今はまだ保留

 

 

 

 

そう

 

 

 

つらい更年期

 

 

 

我慢しないでくださいね

 

 

 

 

 

 

お肌に現れる老化悩み、トラブルも

減少していく女性ホルモンの仕業

 

 

 

なによりカラダの不調、辛さは

見えるところにダイレクトに現れます

 

 

 

約10年と言われている更年期

睡眠や運動、食事を基本としながらも

 

 

 

早めに対策してステキに過ごしたいものです

 

 

 

 

*オンラインカウンセリングでご相談お受けしております