Diary 

2020/11/04

大人女子、食の見直し・低フォドマップ食をみつける旅

大人女子、食の見直し・低フォドマップ食をみつける旅

 

本当に衝撃的でした、この事実

 

 

そうか、そうだったのか…と

いろいろと食のアンテナを張り巡らす旅に出ています

(近場ですが!)

 

 

 

低フォドマップ食にしてからそろそろ3週間

 

 

 

 

完璧ではないけど食事に気をつけて

過敏性腸症候群(IBS)の

お腹の張りがずっと楽になりました

 

 

 

もともと身体に良いと続けていたグルテンフリー生活は

自粛中食事を作るのに大変でパン食・パスタも増やしていたので

丈夫でない腸に負担がかかっていたのかも

 

 

 

あとは更年期も大いに関係していて

これまで身体を守ってくれていた女性ホルモンが減少することで

内臓にも負担がかかってきますから

 

 

 

一番弱かったところがわかりやすくさらけだされる

 

 

 

 

いま日本でもヴィーガンがすごく増えて

理解も高まって来ているけど

 

 

 

この

低フォドマップ食はまだまだ知らない人には謎みたい

 

 

 

 

『そんなので効果あるの?』

『医者に行ったら?』

 

 

 

 

何故か攻撃的な視線も感じるw

 

 

 

 

でもそりゃそうかもしれません

グルテン駄目でご飯はいい、はわかるけど

肉魚卵はOK

玉ねぎアボガド、リンゴや豆類はダメとか

乳製品も全部ではなく良いものもあるとか…

 

 

 

 

私も最初は統一感なくてよくわからない〜でした

 

 

 

 

要は小腸で吸収されにくい短鎖炭水化物という

ある特定の消化困難な糖質をふくんだ食事を控える食事法という

 

 

 

 

ますます難しいですね

しかもそんなの私も聞いたことありませんでしたから

 

 

 

 

でも細かく分類があるけど

3週間もやると慣れわかってくる

そしてお医者さんに行ったとしても

日本での認知はまだまだとのことなので。。

 

 

 

 

 

まずは自分で自分の身体を守らないと

 

 

 

 

ヴィーガンは地球や環境問題につながるけど

この食事法はまったくの自分のため

 

 

 

 

でもまずは自分を大切にしようと思います

 

 

 

 

 

興味のある方いたら繋がりましょ〜