ぷめ*はなDiary 

2019/03/23

【更年期症状】花粉症の薬が与えるさまざまな影響

雨なのに花粉症状がひどいのは?

 


雨どいなどに隠れている花粉が飛び散っているから、
と言いますけど本当かな?

 

0F297F75-403A-4CC7-A2DE-9E793A111E27.jpeg


症状を緩和するために
飛散始めの2月から5月のGW明けあたりまで
晴れの日も雨の日も毎日薬を飲み続けて

 

それでも鼻をかんで目も痒くなって
お肌もボロボロ…

 

そんな方が多いこの時期。

 


◆とくに顔の中心の乾燥がひどい
◆充分寝ているのに目の下のクマがとれない
◆肌荒れが続いている

 


これらに当てはまった方は放っておかないで!
荒れたままにしていると、老化肌を加速させてしまいます。
エステでお肌を整えるとき。

 


季節やその時のお肌に合ったお手入れの
アドバイスをしています

 

 

そしてここからはホルモンケアのお話

 

私も花粉症の薬をのんでいますが、ここ最近
女性ホルモン様サプリの効果が半減している感じなのです。

 


あの顎関節カクッがたまに見られる 笑

 


今私はHRT(ホルモン補充療法)をお休みし
サプリに切り替え、
自分でできるホルモンケアをしながら
更年期の調子が良かったのですが

 


やっぱりアレルギーを抑える薬のつよさを感じます。

 

 


花粉症の薬は
効いてもらわないと仕事に差し支えるので困るし、
単純に薬とサプリの大きな違いから
当たり前のことなのですけどね

 

 

お肌に関して言うと

花粉症を抑える薬は血管を収縮させるので、
それはすなわちお肌内部の真皮内にある
毛細血管へもダメージを与えています。

 


シワ、たるみの原因。

 


春って敏感なだけでなく、


何気なく飲んでいるもの(薬)の内的要因からも
お肌は影響を受けています。